素殿(そどの)/そ〜ちゃん
2003年3月19日誕生(出来上り日)
[大型木偶/彫刻:劉韋成氏]
素殿との出会いはまさに運命!だと思うのでありました。
心優しく強きをくじき弱きを助け、ひどい奴には蹴りをお見舞いするような青竹を割った任侠道の入った素還真!!! 真面目で律儀、怯んだ姿を一度も見た事がありません。「大丈夫!上手く行く」と何時もにこやかに微笑まれて外れた試しなし。嬉しい事は満身の笑みで見つめてくれます。人一倍感情豊かで焼き餅焼き(^^;)。世話好き、お喋り好き、何よりも聞き上手でどんな話しも「ふむふむ」と聞いてくれます。還真殿は絶対に素殿には頭が上がりません。素賢人として日夜奮闘中。


還真殿(かんしんどの)/かんちゃん
2004年9月4日誕生(日本到着日)
[大型木偶/彫刻:劉
成氏]
素殿に似たお団子素還真木偶をず〜っと探していて同じ年の3月にこの木偶だ!と見つけたも既に買い手が決まり失恋。還真殿を見た時に運命を感じ即座に取寄せたお団子頭のニ手木偶。しかし届いた際に髪が痛んでいた為10月初旬に再び台湾へ髪の修理に帰省。2004年12月末ようやく帰宅。
写真では凛々しいけれど素殿と正反対で、のほほ〜んで物静かな性格。自分の興味の無い対象物は一切眼中に入らないというこれまた素殿とは逆な極端な性格。目が大きく鼻もぽっちゃりな可愛い方です。元々は霹靂刀鋒版仕様かも?と推測。私好みな霹靂刀鋒版のお顔をした霹靂九皇座版木偶です。顔に亀裂が入ったにも関わらず呑気に生活中(--;)。



青陽(せいよう)
2006年4月11日誕生(日本到着日)
[大型木偶/彫刻:劉成氏]
探して3年。気に入った顔に巡り会えず、何回も失恋し、造形等我が儘故に何処の木偶店からも無理と言われ、ヒドい事も言われて諦めていました。以前失恋したお団子素還真を置いていた店で杉ちゃんを頼む際に尋ねてみたら快く引受けてくれ、空頭を見せてもらってOKを出して作った聖石傅説の青陽子。写真よりも男らしいのですが、「兄貴!」的な聖石傅説版かとずっと思っていたけど、雰囲気は電視版萬里征途版の道主様。何時もニコニコ。



杉ちゃん(すぎちゃん)
[Q比(キューピー)娃娃]
初めてネットで見た亂世狂刀も可愛いかった。でも青陽子もかなり可愛くてずっと欲しい病が続いたけれど、その時は中文も作れず全く言葉が通じない状況で尋ねる勇気が無くモジモジしていて、やっとよし!頼もうと勇気を出したら………木偶店の摘発等でサイトが閉鎖し半年以上延びる事に………。届いたら、やはり思った通りぷりちいな杉ちゃん。頼んで良かったと心から思います。名前はホークスの杉内投手に似ているのでそこから。



眞ちゃん(しんちゃん)
[小雨(アラレちゃん顔)娃娃]
大型木偶で聖石傅説版の2人の義兄弟を揃える事が私の長年の夢でした。しかし、夢破れ………素還真は別シリーズの姿に。今となってはそれで良かったと思いつつ、小雨なら揃えられるかも?と考え、尋ねたらOKで頼む事に。髪の毛が長いまま、衣裳もぞろびいた感じですが、この顔と雰囲気にはとても似合っててとってもナイス!聖石傅説版そのままな雰囲気の小雨素還真で笑えます。



陽陽(やうやう・愛称はやうっち)
[小雨娃娃]
本当は別の衣裳のはずでした。が、店が間違えて大型と同じ衣裳で作ってしまったので、作り直してくれる話も出ていたけど、止めました。何時完成するのか?恐ろしかったからです(--;)。既に上映が終わって6年。パーツが何処にもなくてかなり探してくれたらしい、作り手の方々が苦労してくれた義兄弟。やうっちはわんぱく坊主だけど従順ないい子です。



すみちゃん
[小雨娃娃]
なかなか喋らず姿を見せずな素還真の化身のひとり墨淵水蓮。黒をベースとした容姿でツボに。で、やって来たすみ(墨)ちゃんはシャイで余り自分をアピールしたり、他の小雨と盛り上がったりはしないようです。淡々としているけれど、熱いハートは持っています。二段頭が妙にいびつで不思議な頭をしているのだけど………深い事は考えない考えない(笑)。



たいっちゃん
[Q比娃娃]
2007年2月初めに頼んで、長い道のりでしたが10月下旬にやっと日本へ到着。小雨にするか?Q比にするか?と頼む時に悩みましたが、Q比でよかったと思いました。思った以上に可愛い顔立ちで優し気な雰囲気はキャラそのまま。杉ちゃんとはQ比仲間で2人共嬉しそうです。正面からだと見えないけど、後ろは立派な三つ編みがまるで尾っぽのようです(笑)。



よるのかにの家に棲息している木偶や小雨やQ比のご紹介!
木偶は台湾の布袋戲劇で使われる人形で、その身体に人が手を入れて動かせるように作られています。
以下の人形達は霹靂布袋戲に登場するキャラクター達です。